医療法人社団三育会

指導医(三育会理事長)  英 裕雄

研修される医療者の方々に

地域医療者として最も大切なことは、それぞれの患者さんや地域サービスが置かれている状況やニーズへの共感性だと思います。まずは患者さん等の地域社会生活の在り方を認め、それをサポートしながら、少しずついい方向に導こうとする姿勢が重要です。

しかし共感性だけでは十分ではありません。ときに力強くサポートしていくことも大切ですし、いざという時、きちんと対応してくれることも大事です。今地域は大きく変わりつつあります。その急激な変化の中で、新しい地域医療者として活躍し続けるためには、心技体のバックグラウンドを作っていく必要があります。私たち三育会では、これまで多数の在宅医療者を養成し輩出してまいりました。今後は在宅医療、外来診療、地域専門医療など、幅広い臨床能力を身に着けた地域医療者が必要になるでしょう。

「次世代の地域医療という価値」を作り続けることこそが三育会の使命と考えています。

指導医

経歴
1986年 慶応義塾大学商学部 卒業
1993年 千葉大学医学部 卒業 浦和市立病院(現さいたま市立病院)にて研修
1996年 曙橋内科クリニック 開業
1999年 医療法人曙光会理事長 就任
2001年 新宿ヒロクリニック 開業  医療法人社団三育会理事長 就任

資格など
慶應義塾大学医学部 講師(非常勤)
横浜市立大学医学研究科医科学専攻 講師(非常勤)
東京医科歯科大学医学部 臨床教授
東京大学医学部 指導医
プライマリケア連合学会指導医

新宿ヒロクリニック

新大久保駅・東新宿駅 徒歩7分
TEL0352725610

東京がんサポーティブケアクリニック

新橋駅 徒歩3分
TEL03-6825-3551

三軒茶屋内科リハビリテーションクリニック

三軒茶屋駅 徒歩10分
TEL03-5787-6110